<?php the_title(); ?>

実発電量ナンバーワンのソーラーフロンティアで太陽光発電黒字化計画

ソーラーパネル黒字化計画〜少しでも早く元をとるために

太陽光発電で作った電気を関西電力さんに買ってもらう事で、最初に太陽光発電システムを取付けるために投資したお金は、やがて戻ってきます。これは、国の政策によって10年間電力会社さんは固定価格で買い取りなさいと決まっていますから、(しかもかなり高く買ってもらえます)確実な投資と言えます。最初に投じたお金が戻ってくれば、あとは毎月継続的にお得に収入が得られる訳ですから、少しでも早く元をとりたいですよね。

当店イチオシの太陽光発電は、実発電量ナンバーワンのソーラーフロンティアです。なぜなら、もっとも元がとりやすいから。その秘密は、実発電量の多さにあります。一年でも、一日でも早く設置費用を回収しましょう。

カタログ値の発電量と実発電量

自動車のカタログを見ると、燃費が書いてありますよね。このカタログの値は、一定の条件の下で測定された数値なのですが、この数字がよくても、実際に町中で走った時には、それほどでもないということはありがちです。

太陽光パネルの発電量も、それと同じ。つまり、カタログ上の発電量が多いからと言って、際の自然環境下での発電量、つまり実発電量もその数値が出るかと言えば、そうではないのです。

太陽光発電のカタログ値

実際に太陽光パネルが設置される屋根は、実験室の中にあるわけではなく、自然環境の中にあります。天気のいい日もあれば、曇の日も雨の日も、嵐の日もあります。寒い冬も暑い夏もあり、一日の間でも気温や太陽の位置は変化します。

太陽光発電のカタログには、パネル一枚あたりの変換効率という指標が載っています。この値を測定するのはまさに実験室の中。「気温25度・太陽光線が1000ワット」という、一定条件のもとで測定します。ちなみに日本では、よく晴れた日で600ワット程度の太陽光線。気温はいつも変化しています。

実発電量に優れたCISソーラーパネル

カタログ値では目立たないけど実発電量に優れているのが、ソーラーフロンティアのCISソーラーパネルです。1954年に結晶シリコン太陽電池が発明されて以降、原材料にシリコンを使う太陽電池が主流でしたが、1980年代になって宇宙での電源用として開発が進められた新世代の太陽電池が、CIS太陽電池です。そして今それが、自然環境下での実発電量の実績がすごいと、評判のソーラーパネルなのです。

◎参考

 

ページ上部に