光熱費を抑え地球に優しい高断熱屋根

21世紀に入って、年々、夏の暑さが厳しくなっているような気がしますね。

夏場の太陽が一番元気な時期、直射日光にさらされる屋根の表面温度は80℃にもなります。この熱は、屋根の素材を伝わって屋根裏へ伝わり、遠赤外線となって天井に降り注ぎます。だから、屋根下の部屋が耐えられないほど暑くなるのです。

当店の高断熱屋根は、この熱を屋根面でシャットアウト。屋根裏に熱を伝わらなくするものです。

屋根葺き替え時に同時に施工する方法の他、屋根裏からの工事で状況を改善する方法もあります。