カバールーフ工法とは

既存の屋根をそのままにして新しい屋根材をかぶせる、屋根リフォーム用の工法です。元の屋根材が、カラーベストなどの化粧スレートやシングル屋根の場合に適用できます。また、スレート波板用にも対応する商品があります。

元の屋根材が瓦などの重い屋根材の場合には向きません。

古い屋根材を撤去する工賃や廃棄物処理費用がかからないことから、その分のコストや工期を圧縮することが可能です。