屋根資材の値上げが毎月のようになっています

物価上昇中

ここ1年の間にもすでに値上げが行われていた日本で一番大きな屋根材メーカーである「KMEW」の各種屋根材・壁材が、7月1日出荷分から再度10〜15%の値上げという情報が入っています。その他の屋根材や副資材のメーカーでも値上げが頻発していて、特に金属製品では毎月価格改定されているものもあります。

また、各種金属系屋根材メーカーの多くが採用している最大手の鋼板メーカーである「日鉄鋼板」は、6月出荷分から1トンあたり2万円の値上げを告知しています。これまでも値上げを繰り返していた金属系屋根材ですが、原材料鋼板の値上げによってさらに拍車がかかると予想されます。

いつも書いていますが、当店は安売り店ではなく「適正価格できっちり仕事」のお店です。必要な材料は必要な品質のものを省くことなく使用するのが当店のやり方です。ですので、資材の値上げはどうしても工事価格の上昇につながらざるを得ません。まことに心苦しいところではございますが、瓦・板金・雨といの各種工事において、材料価格上昇分の値上げを随時行っていきますので、何とぞご理解賜りますよう、お願いいたします。

またそれにともなって、今まで基本的に3ヶ月間だった見積書提出後の有効期限は、今後は1ヶ月間と短縮させていただき、それ以降は再見積ということになります。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

資材値上げは今後も繰り返されると予想

コロナ禍からの回復によって世界的に消費が伸びて資源価格が上昇基調にある事、ウクライナ戦争によってさらに資源価格の高騰が見込まれる事、世界経済の上昇基調に対して日本のみ経済の低迷が続いていることから円安がどんどん進んでいる事、これらの事情によって、今後もこの材料価格の上昇は続くと思われますし、その先に値下がりに転換することもちょっと考えずらい事から、少なくとも今後数年間は、同じ内容の工事でも工事価格が上がっていくと思われます。現在屋根に不具合を抱えている方は、なるべく先延ばししないで早めに工事をした方がよいでしょう。