屋根点検用ドローンの運用に関して、新しい政府方針の影響に関するお知らせ

ドローン規制が100グラム以上の機体に変更

政府は小型ドローンの飛行に関する規制について、現在200グラム以上の機体にかかっている規制を100グラム以上を対象とするように変更する方針を決定したと報道(➡「国交省、ドローンの規制強化を検討 基準値を200g→100gに引き下げ(ITmedia NEWS)」)されています。2015年以降、人口密集地などでは200グラム以上のドローンを飛ばす場合には、航空当局の許可が必要になったのですが、200グラム以下の当時はおもちゃと見なされていたドローンでも、高速高性能で飛行するものが市販されるようになり、危険性が高まったという事がその原因です。

屋根点検用に当店が運行するドローンには影響なし

なお、当店の屋根点検用のドローンははじめから200グラム以上の機体であって、大阪航空局からの許可を受けて飛行しています。そのため、規制が100グラム以上となっても、影響は全くないものと思われます。

当店の屋根点検用ドローンに関しては、こちらの記事「【屋根診断】ドローンで屋根の点検」をご覧ください。現状の航空法上の規制や、当店の許可要件などが確認していただけます。もちろん当店は、法令に則って安全運行をしております。