京都で屋根工事や雨樋工事を行う方は【京都ルーフサービス】~屋根材別の耐用年数とは?~

そもそも耐用年数とは?

そもそも耐用年数とは?

屋根の耐用年数とは、屋根の寿命とも言われます。どのくらいの年数(期間)、屋根が良い状態を保っていられるかの目安となります。もちろん、屋根を良い状態に保ち続けることで耐用年数は長くなります。

耐用年数を引き上げるためには、定期的な点検やメンテナンスが必要です。使用する屋根材や、お住まいの環境によっても年数は変化します。屋根材の耐久性が高くても紫外線、雨風による影響、経年による劣化は起こっているものです。

屋根材別に見る耐用年数~瓦・スレート・金属屋根~

瓦屋根

瓦屋根
  • 日本瓦(60年)
  • 素焼き瓦(40年)
  • セメント瓦(20年)

スレート屋根

  • スレート屋根(20~25年)
  • 波型スレート(25~30年)

金属屋根

  • トタン(10~20年)
  • ガルバリウム鋼板(25~30年)
  • ステンレス(50年)

目の届きにくい屋根だからこそ、それぞれの屋根材の耐用年数を知ることは大切です。屋根材にも寿命は存在します。劣化のサインが見えなくて、新築の時から今まで屋根工事を行ってこなかった方も、メンテナンス時期の一つの判断基準として耐用年数をお役立てください。

京都の屋根工事は【京都ルーフサービス】にお任せ!~雨漏り対策や雨樋修理もお気軽にご相談を~

京都で屋根工事を行うなら、雨漏り対策や雨樋修理にも対応している【京都ルーフサービス】にご連絡ください。

【京都ルーフサービス】では、それぞれの住宅にあった施工内容の適正価格で、工事をさせていただきます。それは、目先の利益より、お客様のしあわせや、トラブルが発生しない施工を目指すからです。

屋根工事を行う機会は多いとは言えませんし、業者もたくさんあります。その中でお選びいただいた感謝とともに、責任ある施工を心がけているからこその価格です。

京都は京町家に代表されるような古い住宅があり、都市によっては住宅に関する条例も制定されています。そのような伝統ある京都という地域で屋根工事業者をお探しなら「安心の地元業者」をお選びください。

お役立ちコラム

京都で屋根工事をお考えの方は【京都ルーフサービス】にご相談を

商号 京都ルーフサービス
住所 〒601-1253 京都市左京区八瀬近衛町431-16
TEL 0120-95-9192
URL https://i-yane.jp