【京都】屋根工事の前にチェック!建物汚れの種類と原因・対処法・工事店の選び方とは?

屋根の黒っぽい汚れや雨樋に溜まる落ち葉などのゴミが気になっているという方もいらっしゃるでしょう。建物の屋根や外壁は常に外気にさらされているため汚れてしまいやすいのですが、汚れの種類や原因までご存知の方は少ないです。

こちらでは、建物汚れの種類と原因を紹介した上で、対処法や屋根工事店の選び方を解説いたします。

屋根汚れや雨樋に溜まるゴミでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

しあわせになれる屋根リフォーム専門店 京都ルーフサービスは、京都市を中心に向日市・長岡京市・大津市・草津市などの周辺エリアから屋根工事のご依頼を承ります。

建物汚れの種類と原因

Types and causes

建物のメンテナンスのために外壁や雨樋などをチェックすることはありますが、屋根まではなかなか見ないという方は多いです。

しかし、築10年以上経過している家は屋根のチェックが欠かせません。屋根は常に外気にさらされているため、苔や藻、カビが生えてしまっていることがあります。

特に、スレートやガルバリウム鋼板などの金属屋根は苔や藻が生えやすいため定期的にチェックを行いましょう。

もちろん、苔や藻、カビが発生した場合、すぐにトラブルが起こるわけではありません。

多少放置していても問題はないのですが、苔や藻が発生した箇所は雨水などの水分を吸収すると繁殖しやすくなり、さらに紫外線によって水分が蒸発することで屋根材の反り返りが起きやすくなります。

その結果、屋根が劣化しやすくなるのです。放置期間が長ければ長くなるほどトラブルが起きやすくなるということです。

また、湿気が多い場所や砂埃が溜まってしまう場所には草が生えてしまうこともあり、景観が悪くなることが考えられます。

なかなかチェックしづらい箇所ではありますが、周囲からは見えてしまう場所であるため、定期的にメンテナンスをしなければ家全体のイメージ低下に繋がりかねません。

さらに、苔やカビは胞子を飛ばすことで繁殖するため、放っておくと屋根だけではなく、コンクリートやタイルにまで広がってしまう恐れがあります。

梅雨時期など湿気が多い季節になると繁殖力が高まり、日の当たりにくい場所で増殖するため、定期的にチェックすることが大切です。

谷樋や軒先の落ち葉について

雨樋は屋根からの雨水を受け止めて適切な場所へ排水するためのものです。

多少の葉っぱやゴミであれば雨水とともに流れていくようになっていますが、その量が多い場合や雨樋が傾いてしまっている場合はうまく流れず、ゴミが溜まってしまいます。

特に、家周辺に木が多く落ち葉の量が多くなる季節には、どうしても雨樋や軒先に葉っぱが溜まってしまうのです。

大雨によって屋根から大量の水が葉っぱなどのゴミの溜まった雨樋に流れると、雨水+水を吸った葉っぱの重みで雨樋や軒先が破損してしまう恐れがあります。

また、溢れた雨水が外壁を濡らして外壁の劣化を早めたり、雨樋がダムのようになり軒先から雨漏りを引き起こしたりする原因となる恐れもあるため注意が必要です。

雨樋が本来の役割を果たして大切な住まいを守るためにも、屋根のチェックとともに定期的に雨樋や軒先の様子もチェックすることが大切です。劣化や破損が見られる場合には、補修や取り換えを検討しましょう。

しかし、雨樋の位置や住まいの造りによってはご自身でチェック・掃除をするのは大変です。

雨樋の点検・補修・取り換えは、屋根専門の業者へ任せることをおすすめします。

京都ルーフサービスは京都市を中心に、滋賀県大津市・滋賀県草津市・京都府向日市・京都府長岡京市で数多くの工事実績があります。雨樋の点検・補修・取り換えをお考えでしたら、ぜひ京都ルーフサービスへお任せください。

苔・藻・カビが生えた場合の対処法!どのような工事の種類がある?

moss algae mold grows

建物の屋根に苔や藻、カビが生えてしまった場合、どのような対処法があるのでしょうか?

前提として、瓦に苔や藻、カビが生えたとしても特に問題はありませんが、中には美観の問題からどうにかしたいという方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、屋根にある落ち葉などを撤去した上で、築10年以内なら高圧洗浄で屋根のメンテナンスをするのがおすすめです。その上で、防カビ・防汚・遮熱など機能性の高い塗料や汚れが落ちやすい光触媒塗料を塗り直して、苔や藻、カビが発生するのを防ぐ必要があります。

しかし、メンテナンスを行い屋根に不具合が見つかった場合や、美観上の問題がある場合には、古い屋根の葺き替え工事が必要です。葺き替え工事を行うことで美観がアップするだけでなく、雨風に強くなり住まい自体の耐震性が向上するため、安心して暮らせるようになります。

一口に屋根工事といっても、劣化した屋根材を撤去して新しい屋根材に葺き替える「葺き替え工事」、既存の屋根材に新しい屋根材を重ねる「重ね葺き工事(カバー工事)」、塗料で屋根材を保護する「屋根塗装」など、様々な種類があります。どの種類の工事が住まいに合っているのか、屋根の状態を見極めた上で選びましょう。

なお当店では、屋根の塗装は、遮熱塗装など機能性を高める目的以外の美装や防水のための塗装はお勧めしていません。屋根は外壁よりもはるかに過酷な環境に晒されるので、10年経たずして再び塗膜が劣化してしまいます。そのたびに足場を建てて再塗装するよりも、長寿命の屋根材に葺き替えた方がメンテナンスコストを含めるとはるかにローコストに抑えることができるからです。

京都で屋根工事をお考えなら、しあわせになれる屋根リフォーム専門店 京都ルーフサービスへお任せください。高い技術と豊富な経験をもとに、屋根修理・リフォーム・葺き替えを承ります。瓦屋根の修繕・葺き替えなどの各種工事も得意です。

屋根工事店の選び方

京都で屋根工事を依頼しようと考えた際、どのような工事店があるのかなどの疑問を持つ方も少なくありません。こちらでは、屋根工事店の選び方について解説いたします。

地元で長く営業している

出張費や工事後のアフターサービスを考えると、遠方だと余分な費用がかかる可能性があります。地元で長く営業している屋根工事店だと安心して依頼できます。

ホームページなどで実績を確認できる

どのような屋根工事を手がけたのか、ホームページやブログなどで実績を確認しましょう。依頼したい工事内容と似た事例を多く扱っていると、安心感が増します。

現地調査に対応する

工事前に現地を訪問し、しっかりと調査を行うかどうかも確認しておきたいポイントです。屋根工事では修理やメンテナンスの箇所だけでなく、全体を把握することが大切です。丁寧な現地調査を行っているか、チェックしてください。

屋根専門の工事店

屋根工事といっても雨漏りの修理や屋根塗装など、工事内容は多岐にわたります。建物のリフォーム全般を扱うリフォーム会社も屋根工事ができますが、必ずしも屋根工事が得意とは限りません。そのため、屋根工事は屋根のプロである屋根専門の工事店に依頼するのがおすすめです。

担当者との相性

よい工事店を選ぶことは大切ですが、担当者とのコミュニケーションも重要です。どれだけ工事店が素晴らしくても、担当者と相性がよくないと満足できる工事にならない可能性があります。

屋根工事は依頼する工事店によって、満足度が変わってくることがあります。選び方のポイントを踏まえながら、安心・信頼できる工事店に屋根工事を依頼しましょう。

京都で大切な住まいの屋根工事をお考えなら京都ルーフサービスへ

建物の屋根の苔や藻、雨樋に溜まった落ち葉などを放置していると、美観が悪くなるだけでなく、屋根の劣化や雨漏りの原因となってしまうことがあります。すぐに劣化につながるというわけではありませんが、長い間放置し続けるのはおすすめできません。適切な対処法でメンテナンスを行いましょう。

大切な住まいを守るための屋根工事をご希望の際は、京都市を中心に屋根工事を承る京都ルーフサービスにお任せください。屋根に特化した専門店として、京都の住宅に合った屋根工事を行います。お客様に喜んでいただけるよう丁寧でわかりやすい説明を心がけておりますので、屋根工事に関する疑問や不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

京都の京都ルーフサービスは、お客様がしあわせになれる屋根工事・リフォームを提供いたします

店舗名 京都ルーフサービス
住所 〒601-1253 京都府京都市左京区八瀬近衛町431−16
TEL 0120-95-9192
URL https://i-yane.jp
代表者 森下克徳
事業内容 屋根工事一式・雨樋工事一式・太陽光発電工事一式